スマホの普及により一般のユーザーにも親しまれた電子書籍。コロナ禍によりさらにユーザー数を伸ばした業界でyoutubeやTVのCMで目にする機会も増えました。

今後も市場規模は拡大していくと予想されています。

電子書籍のメリット
  1. スマホがあればいつでも新品同様に読める
  2. 書店で購入するよりも安く購入できる
  3. 書店で購入しづらい漫画を気軽に読める
  4. 違法アップロードではないため安心して読める
電子書籍のデメリット
  1. 利用している電子書籍関連のサービスが終了すると購入した本が読めなくなってしまう
  2. 定額制を利用する場合、利用頻度に問わず定額料金を支払う必要がある
  3. 電子書籍関連サービスが増えすぎて独占配信作品を読むためには複数のサービスへ登録しなければならない

メリット・デメリットは様々で細分化すればまだまだメリット・デメリットがあげられますが、一般ユーザーの皆様が感じるポイントは抑えていると思います。

サービスが多すぎて選べない

電子書籍

当ブログでは一番煩わしく感じる「多すぎて選べない」という悩みを解決できるように現在、20数社以上ある電子書籍関連のサービスを独自調査しました。

  1. 電子書籍ならではの作品の配信数
  2. 一般週刊誌のコミックの配信数
  3. 【買い切り】or【定額制】
  4. お得なクーポン情報
  5. 申し込み、解約方法

電子書籍サービスを利用する上で必須項目を調査しまとめましたので是非参考にしていただければと思います。